人類最古の墓

人類の祖先のひとつであるネアンデルタール人は、今から20万年前に出現し、氷河時代の約2万年前に絶滅しました。彼らは石器と火を使っていました。
今まで発見された人類最古の墓は、このネアンデルタール人の推定2歳の少年のものです。約6万年前のシリアのデデリエ洞窟で見つかりました。なぜ墓かというと、全身の骨がほぼそのまま保存されていたからです。
地球上では、土の中に埋葬されていないと自然界の狼やキツネ、ワシやカラスの肉食の動物や鳥に遺体が食べられ、骨が散乱してしまうのです。この少年の父や母や家族は、動物たちから少年の遺体を守るため、穴を堀り、土をかけ、その上に何枚もの石を重ねています。この家族には、少年の死を悲しみ愛おしみ、遺体を守ろうとする、温かな心があったのです。
世界の人類学者は、これこそ人類最初の墓であり、以来6万年もの間、人間は墓を作り続けてきたと言っています。

2020年9月8日 代表取締役 原 伝